故横沢彪氏のご冥福を祈る。

 それは偉業としか表現できない仕事を展開されたことに他ならない。他界されてもその金字塔は今もファンの心の中に輝いている。それがメディアを創るということなのだろう。一見派手な世界のように見えて実は地道な作業の蓄積だったことだろう。人と人とのつながりにこそお笑いの真髄があるのだと思います。たぶん、恐らく、現代はそれがかなりの頻度で現場の方のポテンシャルに依存しているような構図が感じられる。結果現場ではあるが、それを包む大きな包容力のある方が影で支えているのびしろとそうでないのびしろ。横沢さんから継承すべきことは多いはずだと思います。