今昔奇怪録@朱雀門出著。

books110115.jpg
 ある方からのオススメの一冊。さっそく入手しました。このジャンルは全くスルーしてきましたので、ある意味楽しみです。ホラーと言えばの部分で、私の王様は「スティーブン・キング」なので、どうしても、ホラー系となるとキングと比較してしまうだろうと思っておりますが、それはまだ未知数の部分として、自分自身がリサーチして入手した小説ではないので、どれだけののびしろがこの文脈の中に存在するかが楽しみです。非科学的な部分はあまり自分的には芯を喰っていないので、どこまで琴線に触れるのかがとても楽しみです。まったくの筆おろし状態なので、さてさて、どんな振幅があるのでしょう。

 「恐怖」とはその地域の慣習や歴史などの思念的な部分が背景にあったり、宗教的な要因が深く関連している。そこに登場する人物にどこまで感情移入できて、情景描写や物語のディーテルがどこまで軸足としてぶれていないか、根拠のない論理に恐怖を覚えるのか?仮説上の文脈構成に冷たいディーテルを感じられるのか?うん、楽しみな一冊です。