この仕事の魅力か・・・。

 27歳の頃、その時お世話になっていた会社に新人が入ってきた。その彼の質問に私はこう答えているそうだ(私はすでに忘れているのですが、その彼が言ってくださった。)。質問は「スギノさんはなんでこの仕事をしているのですか?」だったそうで、それに対する私の答は「いろいろな人と出会えて楽しいから。」だったらしい。恐らく27歳か28歳のあたりだろう。東京でデザインの仕事を始めて、大阪(新大阪)の広告代理店の中の制作会社にお世話になっていた頃のこと。

 さて、今現在(46歳)、同じ質問に対して自分はなんと答えるのだろうと考えた。確かにこの仕事は一日中パソコンの前みたいな印象があるが、それは、デザイナーさんの場合、グラデの方やWEBデザイナーやプログラマーの方などはたぶん、この時代、仕事はPCの前だけだろう。しかし、営業やデレクションをしている人は一日の仕事の中でPCの前に座っているのは20~30%ぐらいだろう。あとは、電話で打ち合わせしたり直接お客様のところで打ち合わせが主であり、印刷物を扱っているなら、納品に車を運転したり、デザイン確認用出力を届けたりなどの業務も発生する。つまり、新しいお仕事をするごとに新しい人との出会いがある。これにストレスを感じる人は絶対にこの仕事はできない。ソフトウエアがちょっとつかえて、デザインをかじって、名刺に「WEBデザイナー」って肩書きを入れれば、立派なクリエイターではあるが、デレクションは総合格闘技。そこの苦しさも27歳なりに知って、やはり、自分自身は基本的にたくさんの人との新しい出会いが楽しいと感じるから、この仕事をやっている。それは、今も同じですよ、ましゅ~さん。インターネット時代です、N.Y.の方ともロスの方ともバンクーバーの方ともロンドンの方ともパリの方ともメールや手紙の交換をしていますよ。うん、ただ、楽しいからです。

 ところで、PWが100ヤード弱とのこと。私と同じですね。では、3月5日(土)、琵琶湖大橋の守山側に来れますか?メールをお待ちしております。いつでも好きなタイミングでご連絡ください。