「木暮荘物語」@三浦しをん

book11012201.jpg
 恐らく最新だろう。まだまだしをんさんの本は出ているのに何故我慢できない?何故新刊に手を出すのか?それはこれを入手するタイミングが今日だと思ったから・・・。書籍ってそんな存在ですよね。書籍ってそんな買い方でいいんですよね・・・。