FLASH職人か・・・。

 ある方のブログで「この歳なって今更FLASH職人になろうとは思っていないが、FLASHはどうしても気になるツールでありニーズがあるわけで、なんとか、この歳で~」って「この歳」というキーワードがどうも気になった。いったいどの歳なんだろう?しかしながら、「FLASH職人」という語彙のニュアンスがなんかいい。結果アドビのソフトが職人視されているということであり、職人だから相当の技術が必要であるということに認識として他ならないわけである。そうかそうか、FLASHとは今そういう一面もあるのだと改めて妙なリアリティーを感じた。アップルに見切られたFLASH、結果、アンドロイドでスカスカ動いている現実、アプリ思考とどこまでガチにバトれるのか?さぁ、ヘボはwhich?

 まぁ、何事にも優劣白黒正誤を適用しても詰まらないので面で捉えて、私も虎視眈々とFLASH職人道を歩んで行きたいと思います。3DCG職人というテイもマルチメディア映像編集職人もできれば極めたいので、貪欲に貪欲に。