LEATHERMAN(レザーマン)スケルツール到着!

tool110221.jpg
 うんうん、これこれ。腕時計もしない人間ですが、こんなモノには目がありません。道具の機能美とでも言うのでしょうか、ほんとに手の中にあるリアリティーと道具としての存在感。ステンレス製で両側に開くとプライヤーになるんですね。細かいネジなども摘まめますし、ワイヤーカッターも装備。内側からナイフも出できてハンドルにはプラスとマイナスのドライバーも内蔵しています。確か2008年と2009年の世界のベストオブツールとかなんとかという金賞に輝いている逸品なのです。

comments

いいギアは収納時もカッコいい。 手に入れる楽しみ、機能美を眺める楽しみ、使用するシチュエーションに身を置く楽しみ、使いやすさを実感する楽しみ。
たくさんありますね、道具は大好きです僕は買い過ぎですが・・・。

  • kuni
  • 2011年02月21日 21:12

同感です。

つまり、それを創った人の心や魂との
共感が楽しいのでしょう。
それは、私の仕事にとても共通しています。

能天気に楽天的な楽しさもあり、
深い考察と洞察の末辿り着く楽しさもあり。

共感こそが人間の至福だと思いますね。

  • khuz
  • 2011年02月22日 07:43

comment form

(スギノのノギス にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form