「35歳限界説」!?

 「「35歳限界説」を打ち破る、エンジニアが習得するべきスキルとは?日進月歩のIT・ネット業界において、以前から囁かれている「35歳限界説」。市場環境の変化が激化している昨今、その傾向は加速している。事実、30歳前後の転職において、年齢相応のスキルや結果を求められることに、プレッシャーを感じるエンジニアも少なくない。」とあるルートからのメルマガに記載されていた。うん?35歳が限界って誰のさじ加減だ?確かに市場は激化しているしその傾向が加速していると言われていることは決して根も葉もないことではないだろう。しかし、30歳で転職する人がそれ相当のスキルを、まして、システムエンジニアという分野で・・・となると、本当にそうなんだろうか?つまり、「ついていけませんシンドローム」が実際に白旗を上げている人に有効に機能しているのなら、それはたまたまそういう人なだっただけのように思います。何もスキルスキルと煽らずともビジネスの現場はスキルだけじゃない。まして、地位や名声や資本力が逆にウイークポイントに容易く反転する時代、何をもってリアルとするかは自分が決めればいいじゃん!自分のスキルに責任が持てず企業や組織に依存している人、依存度を一旦解除して世の中を360度見渡せばそれが見えるのでは・・・?

 勝手に限界って言われると非常に遺憾だが、まぁ、限界点は自分で決めるでええやん。