最新戦闘機のプレゼン!?

 米と欧で最新戦闘機の販売戦略が激化しているらしい。う~ん、離陸点はなんとなくとしても着地点はどこだろう?そして、これらを買う人。何基準で購入するの?その場合の「いざという時」のいざの部分が結構近い感じだろうか?そして、これらを開発して作っている人。莫大な給料を頂いて戦闘機を作っているって・・・その人生、誰に誇れる?自分の中の神とどんな契約をしたの?しかし、信長という人、豪快で稀有な存在だったと大河ドラマで描かれていますが、真実はどうでもいいとして、現代にこう伝わってきている以上、多少のアレンジメントが画面の中にいるはず。アレンジメント=歴史ってことになるわけで、最新戦闘機も言わばその道の歴史上の産物。「太平の世」を得るための犠牲が必要だと誰が言ったかしらないが、そんなセリフが日曜日の午後8時になんのストレスもなく成立している部分、ちょっと、箍が外れているような気がした。なんもかんももうノーマルには戻れない戻れない。エジプトの暴動にしても振り上げたこぶしの行き場所はどこだろう?日本人だったこぶしは握っているぞ。今、仮に上に立っている人達、予定調和で生きてきた世代はもう少ないですよ、仮想に生きる人達の逆鱗に触れぬよう自分の城を確認しておくべきですね。相撲の世界もしかり、古い慣習だか経済の澱だか知らないが、露呈し過ぎ。情報が透明になると立ち位置を失う人、早く自分のベールの向こう側へ。