進むべきルート。

compass_images01.jpg
 進むべきルートを指すコンパス。どんな状況にも指針がぶれないコンパス。時に進むべきか迷いながらも自分のルートを確かめるためにそれを見て確認する。針の指す方向は心の指す方向であると信じる力が何よりも真意たる確信となりその行動の質量さえ覚醒させることだろう。そんなコンパスを持っているか?ということ。混迷の現代と言われている。指針を失うことが一瞬でルートを見失うことになる危機感と立ち止まる勇気をもコンパスの針は諭しているように思います。太古の歴史が物語る人間のルートに意味があるのか、継承するべきモノを失うことで得る至福の時間に決して自分の時を浪費せぬように硬く握りしめておきたい心のコンパスってありますよね。