ガチな戦略コンテンツ。

 現代の販売促進戦略とは「ガチなコンテンツ戦略」が必要だと言うこと。いろいろな書籍に書かれていること、専門分野のエキスパートな方に聞いて情報交換していること、そして、自分なりの尺度でリサーチした情報やフレーズを総合するとやはりガチなコンテンツが戦略のキモらしい。本当にそう感じます。情報交換の手法はほんとうにいろいろ充実していますし、最新の仕組みもどんどん浸透・訴求されている。デバイス機器もどんどん進化している一方でやはり手落ちの部分がこのコンテンツの部分だと言える。しかし、これはパソコンやソフトウエアのように買ってきて即戦力ってことにならない。じっくりと種を探し土に植え水をやり芽が出るというようになんか植物のようなもの。しっかり育成しなければ絶対に育たない存在である。アナログに人間臭く地道にマイペースに安易な手法や方法に一喜一憂せずにたくましい根と茎にする努力があってこそ花が咲き実がなるという仕組みのようです。

 さて、まずは、種はどこだ?ということになりますが、それは、自分自身の中にあるはずであり、どんな規模の会社にも種はあると専門家の方は言っている。しかし、種の状態から花や実をつけさせるためには相当の育成期間が必要であり、まるで農業のようなキメ細やかさが必要なようです。

 ということが今の旬のようですから、メディアミックスも含めてガチで取り組みをしていこうと思っております。オンラインには便利なツールや豊富な情報があるがこれはあくまでも種を育成するために必要な養分程度に捉えてちょうどいいのでのしょうね。