三姉妹博覧会@歴史ドラマ50作館。

doramakan_nagahama.jpg
 今日は長浜で開催されている三姉妹博覧会の3会場のひとつ「長浜黒壁 歴史ドラマ50作館」に入ってきました。入場料は¥500でした。さて、¥500という入場料、昨今の様々なこのテイの博覧会施設としての入場料としては適正か否かと言う部分。私自身ご厚意で3館入場券を頂いたためにその価値について正確には評価できない立場なのですが、そうか「これが¥500なのかと感じるのか、これで¥500と感じるのか・・・。」という不思議な気持ちで館内のひとときを体感してきました。

 例えば上野でハンマースホイを観た時は確か¥1,500でしたし、六本木でオルセーを観た時は¥1,800だった。渋谷でワイエスは企画展で¥1,200だったし・・・。それと比較するモノでもないのかもしれないですが、「入場して鑑賞する」基準で振り返ってしまった。そして、大河ドラマというベクトルについては、さほど特筆することがないので、セットや過去50作の配役年譜を見てもピンとこない。ちょっと暗室で~とかあまり言わない方がいいのかもしれないですが、もし、ここが心斎橋なら¥500で適正かもしれないし、この体裁が山中にあれば¥500は安い。ただ、長浜の中心市街地に黒壁やいろいろなショップが並ぶ通りにこの内容でとなると、やはり、「これが¥500なのかと感じるのか、これで¥500と感じるのか・・・。」のあたりでフリーズしてしまった。

 仮に、このドラマ50作館が月9だったら?とか、日曜洋画劇場だったら?とかだったら、逆に時間に余裕があれば¥500の価値はあったのかもしれない。ただ、最近はWEBで映像も過去の歴史も簡単にアクセスできてしまいますし、例えNHKさんの秘蔵映像かもしれないが、ここでゆっくり観る感じでもない。なんでしょう、リアリティーが微細だったのかもしれないですね。期待した部分としては、早速ではあるがこの前の今日みたいなツイッターテイストでラストシーンの豊川さんのあの白い衣装があるとか、桜の宴のあの衣装が展示してあるとか、コンテンツも旬な感じを期待しました。流れてる映像も過去のドラマではなく、今回の「江」のバックヤードの撮影風景とか俳優・女優さんのオフカットや編集風景などなどがあればと期待していました。という感じでしたが、大河ドラマ命の人が観る感じとはちょっと温度差のある感想でした。さて、あと2会場に期待してみます。

comments

50作館は300円ですよ。

  • 匿名
  • 2011年05月02日 21:29

しっかり認識できていませんでした。
そうですか、¥300だったのですか。
勘違いして¥500だと認識してしまっておりました。

最初に「50作館」に行って、何を誤解したのか、
これが¥500かと感じて、
その後、他の2館に行きました。

で、他の2館は入場料が
¥300だったと思い込んでいたので、
とてもとてもお値打ちに感じました。

さほど日本の歴史に深い興味のない人間でも
イベントの施設として他の2館は素晴らしかった。
おそらく、50作館よりもかなり素敵でした。
50作館は別にリアル施設で閲覧するような
特筆するようなコンテンツはありませんでした。

に比べ、他の2館はロケーションも素晴らしいし、
何より迎えていただくスタッフの方の気持ちが
とても暖かかった記憶が強いです。
会場内のスタッフもとても印象が良かったです。
バックに山と自然を感じながらの2会場は良かったです。

逆に今更、会場のテイを思いだすと
50作館の¥500は完全に間違いですね。

  • khuz
  • 2011年05月04日 09:36

comment form

(スギノのノギス にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form