魅力発見プロジェクト!

hakken_project110217.jpg
 ご関係者の皆様、そして、エントリーされた学生の皆様、ほんとにお疲れさまでした。発表される皆様の緊張の心臓の音が聞こえてきそうな程の空気と皆様が作成されたコンテンツの初々しさ。このプロジェクト本体の波及や価値や意義は計り知れない振幅があると感じると同時に、そのリアルタイムな場面にこうしていさせていただけたリアリティー。さらに僭越さの度合いを振り切る審査員という立場。これらが相まってなんとも充実したひとときでした。ここに至るまでの1回生の皆様のチームでのコンテンツワークもそばで拝見していただけに、3チームの皆様のコンテンツにはかなり感情移入させていただきました。私ならこうするとかプロとしてという目線はちょっと引き出してこれないほど、見入らせていただきました。ほんとに素晴らしい作品でした。そして、2回生の皆様の取り組みもほんとに素晴らしい総決算だったと想定しています。その道のエキパではない、あくまでもプロジェクトとしての成果物はひとつのカタチとしての結果であり、重要なことはそのプロセスであると十分に理解させていただいた上で、評価基準を設定し評点するということが心苦しい感じでした。ただ、優劣はお互いの作用と反作用となり、考え創り動いた人だけに得られるリアリティーをこのプロジェクトに参画された皆様が皆様個々のモノサシでのびしろとして捉えられ、このことをひとつのきっかけとしてさらなる展開を学業にライフスタイルにそして社会性に繋げていただきたいと願うばかりでした。とても素晴らしい発表会だったと思います。

 あらためてモノヅクリの魅力のベーシックな部分を強く再認識させていただいたひとときでした。そういう意味でありがとうございました的な感じでいっぱいですね。