やっぱ、さすがセキスイハイムさん。

gamen110304.jpg
 まぁ、WEBサイトデザインもいろいろなニーズの元、様々な取り組みがされていますが、それぞれに言い分があり、それぞれに価値観が違うってことで、変なカドをたてない方がいいし、変に小さくセオリーの中でまとめることも避けたい。結局、テッパンは踏まえた上で、どこまで自由に会社らしさを出しているかを担当者とクリエイターは試行錯誤してるんですね。そのアイディアや技術やセンスが高い低いは別として、共感できる表現さえぎゅっと詰まっていれば、ちゃんとWEBサイトは機能するんですよね。こうでなくっちゃダメだとか、論理や理論やデータで走ると、やっぱ、そのような仕上がりになるんでしょうね。ビジネスのこと、企画・デザインのこと、技術やセンスのこと、運営組織のこと、いろいろ考えていくとフォルムはシンプルになるんですね。うん、こちらはそのお手本のようなWEBサイトですね。素晴らしい以上になんか安心するWEBサイトですね。

詳しくはこちら公式WEBサイトです。http://toyouhome.com/