ベストキッド(リメイク版)

 なかなか、よかったですね「ベストキッド」J.チェン版。どこか過去を引きずったカンフーの使い手というイメージ。これまでのチョコチョコ妙な演技とアクションを絡めていたJ.チェンの路線からひとつワンランクの演技というか新しいとても素敵なJ.チェンを観ることができました。アクションで魅せるのではなく、存在感で魅せるという意味でとてもいい物語のサブ的な存在で光っていました。またまた、ウイル・スミスの息子さんがいい。これがこの映画をかなりの相当なクオリティーに押し上げていました。やはり、親の印象を受けながらも、蛙の蛙ということで全体を通して物語をグイグイ引っ張っていっていました。物語的にはテッパン系ですが、それでも、一喜一憂な感じがとてもgood!