地震の傷跡。

 刻一刻とテレビから流れる悲惨な状況と被災者の数。原子力発電所の事故状況。各国の支援体制。あまりにも大きな想像以上の未曾有の傷跡がテレビから流れる。太平洋プレートの震源を起爆剤に日本全土に連動するプレートが爆発する可能性があるらしい。もしものケースを想定して水や食料の確保をしなければいけない。日本国内最大規模の地震と最悪の原子炉施設の爆発。もうこれは日本だけの事故のレベルではないらしい。アメリカもロシアも動いているらしい。当然他のヨーロッパの諸国やアジア圏の皆様も同様だろう。う~ん、何をどう思考すればいいのか?何か被災された皆様にするべきことは何だろう?まだまだ、報じられていない被災現場で家族を土の中に残骸の中に探している皆様がいること。原子炉近隣の皆様の情報の不明確さに対する不安。まだまだ、震源地は安定していない。今後も同規模、もしくは、それ以上の規模の地震が発生しないという確定はない。傷はあまりにも大き過ぎる。これが乗り越えるための人間に与えられた試練などと軽々しい言葉が頭に浮かんで即座にゴミ箱へ行く。地震・津波から2日目、現地の皆様は本当に不安でいたたまれない気持ち、そして、焦燥と疲労困憊であろう。日本全国から、世界各国から支援者・支援物資が届けられるそうです。本当に気持ちだけを強く持っていただき、頑張っておられる皆様に対して頑張ってくださいとしか言えない情けない状況である。