メルトダウンの可能性。

 すでにメディアは義援金の金額表示に慌ただしいが、まだまだ、復興の兆しは見えない。むやみに煽るわけではないが、真意の部分で、最悪のシナリオが誰の心の中にもあるだろう。口に出さないがこのタブーについて頭では処理できていても心はまさにその部位のようにとてつもない不安で溶けてしまいそうである。全世界の専門家が終結しているにも関わらずメルトダウンの危険性は全く回避できていないことをもっと辛辣に伝えてほしい。そして、最悪の事態を想定した対処方法をもっと告知してほしい。地震は恐ろしい、津波も人知を超えた恐怖である。しかし、メルトダウンは自然災害と連動しているとはいえ、人工物。言わば、人災の要素も含まれている。管理力や技術的な対応は今現在人間の英知の全てを注ぎ現場の復活に携わっておられる数々の専門家が終結しているはずなのに、全く、この不安だけは日に日に増加する。どこかの段階で海外へ脱出するというシナリオも必要になってくるはず。東京に放射能が流れている。もう、想定外の地震が起きたから事故になったとか、焼け石に水のようなコメントは聞きたくないと、国民は感じているように思います。焦燥を募らせても何の解決にもならないが、個人個人で最悪のシナリオを持っていつでも対処できる準備を怠らないでいたいと思う。日本国内はどこを向いても原子力発電所である。その管理力が世界レベルだとかってことはもうどうでもいいこと。現在の状況と国として世界としてこの問題への解決策としての選択肢を早く一般市民に告知して欲しいと願う。恐らくもう水面下ではその対策が講じられているはず。妄想で動くことはできないし、軽率な判断で家族を犠牲にすることはできない。しかし、確実に人類にとって最悪のシナリオは発動しているように感じています。老婆心・被害妄想であってほしい。