少しづつ少しづつ。

 被災地のこと、原子炉のこと、少しづつ少しづつ復興に向けて進んでいるような印象を受けました。何より原子炉の冷却と電力の供給が優先されていますが、その対応も、危険を顧みず24時間復旧に対峙している皆様がおられる。そんな現場とは裏腹に政治の現場でも、東京電力の上層部では、子どもの喧嘩のようなことばかり。入閣だの拒否だの言ったの言わないので時間を浪費するぐらいなら、黙って一人の人間として応援をしてください。攻めて現場で決死の覚悟で対応している人達の邪魔をしないように。大義名分はいいのでとにかく邪魔をしないように。

comments

スーツにネクタイの奴は動かない、今日の記事に書いた人たちはすごい。
表現は適切ではないかもしれませんが、ガチで映画のアルマゲドンそのものです、でもこれは現実。
3人の方の記者会見は震えました。
もっとこの方達が称賛されるべきで原子炉やプレートや政治の話しはもういいのでは?
まぁこの方達は生粋のプロフェッショナルなのでそんなことは望まないでしょうけど。

  • kuni
  • 2011年03月20日 11:00

政治家や博識な方も熱意はあるのでしょうし、
現場の方と比較して熱意が劣るというわけでは
ないはずなのに、政治の世界の人達って
自分を表現するのは下手なんでしょうか。
組織や団体のセオリーや自分自身の枠の中から
出てこないヒキコな感じの印象を受けますね。
決してハラグロ感ではないのでしょうが、
人としての存在感が希薄とでも言いますか。
でも、その場所に立つとそうなるべくして・・・の
部分がいたしかたなしなのでしょうね。
もっと自分を出せばいいのにってほど簡単な
問題でもないのでしょうね。
辛いお仕事です。

  • khuz
  • 2011年03月21日 09:32

comment form

(スギノのノギス にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form