想定外の振幅。

 東日本大震災の報道や新聞の記事でよく聞く「想定外」という言葉。どうも、女川原子力発電所と福島原子力発電所のそれはその振幅が違っていたようなことになっていますね。管理していた人を攻めることは簡単だがそれはまた論点が違う。ただ、震源地に対してさほど立地条件が異ならない二つの原子力発電所で想定されていた「想定外」の基準がかなり異なっていたことが、その建設段階でのジャッジから、そして、原子力発電所が建立してから、そこを管理・運営する人の中の危機感レベルについてもいろいろな面で「想定外」の設定値が異なっていたようですね。だから・・・などと東電の人達を攻めることなど決してできないのですが、結果、女川さんの「想定外」は的を得ていたということなってしまいます。

 で、同じことが日本国内、世界各国を捉えた場合、県単位、会社単位、地域単位、個人単位でどこまでこの「想定外」を捉えておくかということが、女川と福島の結果に繋がるような気がします。あらゆる可能性を想定しても、人間の英知など自然の前ではすべて想定外。