JAZZのある街。

 以前、「どのようにJAZZを楽しむのか?」という書籍を読んだことがある。ある著名な作家の「JAZZ」とはこういうものですね的な啓蒙書を読んだことがある。JAZZのビックネームプレイヤーについての書籍を読んだことがある。いつの頃からか日本人とJAZZは付かず離れずでいい距離感を保ちながら生活の中に心地のいい場所を見つけたように思います。自分自身スタイル的にカッコイイからJAZZを聴くようにはなったが、他の音楽のジャンルよりも何が何でもJAZZが好きだということでもないし、スタンダードなナンバーを聴けば普通に心がスイングする感覚はあるが、だからと言ってディープにJAZZが命ですというタイプではない。

 そもそもJAZZとは何だろう?そのルーツをわざわざここで紐解くつもりはないが、自分にとってのJAZZとは何だろうと考えたが、これも同じ。適当な距離があるだけで付かず離れずの関係。気が向けば聴くし気が向かなければ聴かない。聴けば楽しいしが、聴きたくない時もある。そして、このアルバムのこの曲は~とか誰誰が開催したあのライブのあの楽曲こそがJAZZの真骨頂でこれを聴かないとJAZZは始まらないぞ!というメンドクサイ感じもない。つまり、JAZZとはそいういうモノでいいのかもしれない。音楽は音楽家の主張であり表現でありマイルストーンである。と同時にJAZZは空気のようなニュアンスが強いように感じる。かっこいいからJAZZをお店で流しているのも正解だろうし、一人部屋でゆったりとスイングすることも正解。いろいろな人それぞれのJAZZがあっていい~がJAZZのJAZZたる所以でいいのではないだろうか。

 これを絶対に聴いてくださいよぉ~!という強制はなんとなくJAZZっぽくない。こんな有名なプレイヤーが来て一夜限りのライブをするんです!だから、JAZZを聴きながらお洒落なひとときを過ごしてみませんか?って、いつJAZZとお洒落がマッチ(連動)したのか???それはお前のさじ加減でしょう。JAZZをお洒落だと思ってどこかに聴きに行くということは、ある意味、JAZZを利用しているだけで、JAZZの威を借りてはいないかい?と言いたい。

 もっと、自然にもっと気楽にもっと楽しげにが「JAZZスタイル」の自分自身の正解ような気がしますね。