高周波減圧乾燥機

kansou_ph1.jpg
 自然の木を建材用に加工する場合、生き物である樹木を建設資材として活用するために適正な状態にする必要があるらしい。生き物である木が自然乾燥する際に割れたり捻じれたりするのですが、それも想定して自然乾燥する場合は一定の時間が必要なのです。と、ここまでは専門分野のエキスパートでなくとも知っているだろうレベル。そこで、エキスパートはさらにその効率や品質を向上させながら、木の管理をしておられるのだと推察します。そのひとつの結論がこの機械なのでしょう。専門的な知識が少なくほんとに木についてはビギナーの中のビギナー。でも、いろいろなお仕事をさせていただきながら、見聞が広がるのは楽しい。自分の住んでいる家の一本一本の柱や階段の部材なども毎日なにげに登ったり降りたりしているが、そんなエキスパートの人達が手掛けた建材で自分自身の日々の生活が成立していると考えるとまず自然に感謝すると共にこうした様々なエキスパートのお陰に支えられていると知る。

 に比べて、福島の地の汚染度合は最低最悪。同じエキスパートでも雲泥の違いですね。月とすっぽんなどという例えも頭に浮かびますが、あの対応とテレビで観る人間性をすっぽんが観たら、それはそのよく動く口にどうぞって感じで、「噛みついてくださいレベル」でしょうね。

詳しくはこちらです。http://www.morian.co.jp/htm/kansouki.htm