生物学的文明論。

 新潮新書の書籍。本川達雄(動物生理学者)さんの書籍である。そのタイトルが「生物学的文明論」とある。ベストセラー「ゾウの時間 ネズミの時間」の著者である。この著書から20年を経て、ココイチで現代を生物学的視点で捉えているのだろう。目からウロコの現代分析なんだろう。「ヒトと人間がズレている!?」とのこと。さてさて、どんな物語(論理・分析・洞察・仮説・定理)が展開されているんだろうか、楽しみ楽しみです。