湖濱という価値。

sato-syuzo001.jpg
 数十年前に長浜で愛された銘柄「湖濱」。佐藤酒造様の創立と共にこのブランドが復活。成分のことや醸造のことなど、まるで、科学のようなお話なのでチンプンカンですが、ひとつモノヅクリという軸点で言えば、お酒もデザインも人が創るモノ。親しまれ愛される仕事をするためには一年365日、その軸点へのリスペクトを失わず切磋の琢磨で探究し続けることでしか、その次にあるenjoy(至高)が見えてこないのでしょうね。

 余談ですが、今年も2回目の富士山登山を予定しています。昨年は天候にも恵まれ、6時間で5合目からトップに至りました。あの急斜面、途中はMAX苦しかったですが、見事に一回も「諦める」という文字は浮かんできませんでした。まぁ、これも、高校時代、大学時代、東京時代の体力的なMAXや気持ち的なボトム感MAXの基準値があるから、富士山ぐらいは大丈夫。トレーニングもチマチマと1年以上やって臨んだので実現できたとも振り返ります。さて、今年はどうか?明日から富士山が解禁・開山です。体調は万全、いつでもCOME ON!という感じ。

 だから、お酒創りも気持ちを込めた商品創りをしているから自信を持って商われるのですね。とても大切なことだと思います。魂がお酒に沁み込むのですね。

詳しくはこちらです。http://www.nagahamanosake.com/