JAZZとは何だろう?

 検索するとこうなっている。「ジャズは西洋音楽とアフリカ音楽の組み合わせにより発展した音楽である。スピリチュアル、ブルース、ラグタイムの要素を含み、根底的には西アフリカ、西サヘル(サハラ砂漠南縁に東西に延びる帯状の地域)、ニューイングランドの宗教的な賛美歌やヨーロッパの軍隊音楽にある。アフリカ音楽を起源とするものについては、アフリカからアメリカ南部に連れてこられたアフリカからの移民(多くは奴隷として扱われた)とその子孫の民族音楽としてもたらされたとされており、都市部に移住した黒人ミュージシャンによってジャズとしての進化を遂げたといわれている。ニューオーリンズが発祥の地とされており、この地区での当時のスラングで、女性性器や性行為をjass、売春宿をJass Houseと呼んでいて、売春宿の待合室や酒場を主な活動場所にしていた演奏家たちのことをJASS BANDと呼んだことが、JAZZの語源となったという説もあるが、「JAZZはシカゴで成立した語」「フランス語のjaser(「くだらない話」の意味とも、アフリカ系アメリカ人に対する軽蔑を意味したとも言われる)から」などと、現在でもその語源ははっきりしない。20世紀に入ると、コルネット奏者のバディ・ボールデンがニューオーリンズで人気を博し、今日では「初代ジャズ王」と呼ばれているが、バディは1907年に活動停止し、本人による録音は残されていない。」となっている。なんとも魅力的なJAZZのルーツ。

 これを現代に至るまでどう進化してきたのか、それをこの日本でどう消化してきたのか、掘れば掘るほどJAZZの鉱脈は大きいような印象である。ごくごく表面的にしかJAZZをこれまで捉えてこなったが、ここに来てどうじてもガチでJAZZをリサーチする必要があり、ただ、頭でJAZZってこうだよね…的なフワフワしたレベルではちょっと不十分なため、もう一度、この段階からJAZZを自分なりに掘り下げていこうと思っております。ただ、嫌いな音楽ではなく、JAZZのCDも数枚ある程度の私が、このきっかけでどこまでJAZZに精通できるかなど未知数すぎるのですが、それでも一回この鉱脈を掘ってみようと思っております。まずできることは、JAZZについての適正な情報を得ること。公平な情報と偏った情報の2つのベクトルでアプローチしていこうと思っております。そして、音楽であることから、やっぱり実際にJAZZに楽器を持って取り組むこともしなければ、たぶん、恐らくJAZZを語ることなど、JAZZの魅力など芯の部分で会得することは不可能だろうという直感。

 多くのムーブメントやイベントの成功(何を持って成功と呼ぶかは難しいが)の中核には必ずそれに精通する人の存在があるはず。歴史のイベントや歴史のアクションに魅力を感じられないのは、すべてがフィクションだから。どうも、戦国時代も明治維新もいろいろなアプローチが存在するようですが、微妙にディテールが異なる。これは、時代性と書き手の癖なんだろうが、真実か否かというこよりも、「それらしい」感で全て丸くフラット化させているのが嫌い。

 だから、JAZZは何だろうと一旦スイッチが入ったので、この手を汚してでも掴みたい掴めるカケラだけでも獲得したいと思っております。さてさて、どこを掘ればJAZZの原石があるのだろう?誰か知ってますか?誰かそのカケラを見せてくれますか?