ブログのモチベーション。

 「何故、そんなにブログを書けるのか?」という嬉しい質問を頂くことが多い。数年前まではブログ?なんのこっちゃというタイプの人間が、書くこと自体が楽しいのか、少しづつレスポンスを頂けることが楽しいのか、貯まっていく記事をたまにぼぉ~と読み返すのが楽しいのか、まぁ、全部が相互に関係しているから続けられているのですが、やはり、一番は、「ブログ読んでますよ。」と言っていただけることが一番モチベーションになっている。いつもややこいことばかり書いているので、「ちょっと、コメントしようと思っているのですが、コメントを考えているうちに日が経ってしまい・・・」ということを言っていただける。これも嬉しいことですが、意味不明の乱筆乱文ではなく、もっと、チカラを抜いた記事にすれば、コメント数も増えますよというアドバイスも頂くことは頂く。でも、コメントは勿論、頂きたいがコメントを頂くことは自分にとって副産物なので、コメントが多いからコミュニケーションの活性率が高いとも言えないだろうという天の邪鬼の私は、いつものことながら、マイペースに続けています。そして、人間のタイプ的に「適当な力の抜き加減」が最も苦手。

 以前、ある書籍に毎日5,000ビューあり、ビジター数が1,000あれば、ブログとして優良だと判断していいというモノサシが書いてあった。数年前のことだから、現在の適正・標準値はどれぐらいか不明だが、とりあえず現在の目標はここ。でも、数字を上げるためだけに書いているわけではないので、やはり、自分自身が楽しい感じにならないと絶対に続かない。書くこと(入力する)が楽しいのか、文脈をアウトプットするのが楽しいのか、記事が蓄積されることが楽しいのか、まだ、限定はできないですが、どれもそこそこボチボチでいいかなと。結果、目標値になれば、嬉しい。現在、このブログは毎日4,000~4,300ビューでビジターが700~750を推移しています。それほどの人が何らかのカタチで場面でシチュエイションで読んでくださっているからこそが一番の続けられる理由ですね。「にわとりと卵」の法則のループで「楽しい」と「書く」が上向きのスパイラルになると、こんな楽しい存在はブログだけということなる。