なでしこの強さ。

nadeshiko_japan110718.jpg
 世界一の称号を手にしてもなんなんだこのふてぶてしさ。それに反するようなメディアの連中の美辞麗句のオンパレード。しかし、なでしこの面々はさほど・・・みたいな。そんなのあたりまえでしょ?とも違う、努力したから結果が出て当然!とも違う。なんか強い印象がテレビの画面から伝わってくる。何度も試合のリプレイを見るがその映像はたぶん今後、荒川静香さんの映像よりも多くテレビの人達は事あるごとに流すだろう。それに値する大き過ぎる偉大過ぎる結果。しかし、澤さんをはじめなでしこの面々のメディアの人達への苦笑いと失笑な感じはとても素敵だった。これが本当に世界レベルで戦い結果を出した人達の強さだと感じてしまう。その苦笑いとシンプルなどこかぎこちない感じの心からのコメント、さほど演出もされていない素のストレートな言葉がとても印象的だった。

 私たちは努力して世界一になった、でも、それが何か?みたいな強さ。これが男子になると、わあわあ言い過ぎて辛くなる。ほんとに結果を残してきた人達って皆こんな感じですね。自分のスタイルで勝つというカッコいいがそこに座って、ただただ、にやにやしているだけで伝わってくる存在感。ほんとうに強い人は多くを語らないのだということ。

 さて、メデァアの人達、なでしこさん達に「世界一の実感は?」と何回も聞いていたが、どう答えて欲しかったのだろうか?そんな質問を聞いて何になる。そこに目の前に世界一が座っているのだから、それを貴方達の言葉で伝えればいいじゃん!貴方達が感じた世界一をご自身のポテンシャルで受け取って言葉にしたらそれでいいじゃん!それが本当の「世界一の実感」でしょう?それをわざわざ聞かないないようにしてください。福島の頑張っている人達に頑張ってって伝えるよりあさってな言葉ですよ。

 強いなでしこが歴史に大きな金字塔を打ちたてたってこと。それを心で素直に感じたいと思う。