ドレスの撮影。

w_dress110728.jpg
 仕事でいろいろなモチーフにレンズを向けるが、ほんとに、写真は難しい。カメラマンの人は技術とかセンスとかもさることながら、やっぱ、いい写真をたくさん見ているから、今、目の前のモチーフを見た時、その豊富な引き出しの中から最適な表現手法をチョイスできるんだろう。この光とこの環境ならこのアングルでこの構図で・・・みたいな。それが結果モノは言いようだが、「愛のある写真」になるのだろう。つまり、アーティストやクリエイターの皆さまの作品を見て、結局、それがあるのかないのかが最後の最後でその作品の強さや大きさや細やかさとして注がれ転写され刻印されるのだろう。う~ん、写真は難しい。