なかなかやりよる・・・。

 ほぉ~これがFLASH抜きのHTML5.0とJAVA.S.の実力か。なるほどなるほど、やりよるやりよる。これがある強い側面で今後のテッパンになろうとしている。勿論、映像コンテンツも充分に実装可能だから、狙いが明確な戦略を持っている策士はこれを実装するだろう。いやいや、それでも、軽いサイトがいいよっていうタイプは多分、CSSかCMSに移行するし、ソフト面で活用術を模索し続けるだろう。一方、FLASHは独自のルートを開拓するだろう。つまり、技術は技術、デバイスはデバイス。戦略次第ということ。ここにはつまりコストも関連するし、企画・運営するマンパワーの部分でポテンシャルがこのツールを有効にも無効にもするって感じ。ただ、この方向性は今後、必ずテッパン中のテッパンになるだろうから、進行系であることを「ありき」として、取り組む必要性が非常に高い。って、もう、サンプルはいくつか作成しているので、ガッツリ構築できたら、どこかの量販店のiPad2で確認してみよう。

 で、iPad2はさてさて、買いなのか?まだ、自分の中では「買い」ではない。リサーチはしているし、どんな活用術があるかも頭では理解しているが、「よし、買うか。」となる何かが足りない。それは、スマートフォンも同じ。誰しも飛びついているが、つまり、何事にも「飛びつきたい人」だけが飛びついているだけで、天の邪鬼な私は、そのジャンプ力、他の目的に使ったら?みたいな側面でスマホを捉えている。まず、携帯するツールに電話以外のsomethingがあまり必要だとは感じていない。携帯性を重視するほどの活動をしていないという実証に他ならないが、それでも、触手は伸びない。

 もっともっと、私自身としてはクリエティブやアート分野で有効なツールやギアや機器が欲しい。そっちにダイブしたいタイプなのかもしれない。「完成された便利」は便利だと感じない・・・みたいな。燃費のいいクールな車は欲しいが絶対カーナビは要らないよ・・・みたいな。

それがこちらのWEBサイトです。http://www.contents.ne.jp/