5合目到着!

fujisan11081302.jpg
 ということで、須走ルートの5合目に到着。まだまだ当然真っ暗で人もまばら。早速、ゲイト的な場所にはご案内の人がいる。そこで、富士山登山の簡単な注意をしてもらいました。そして、その方のアドバイスどおりに1時間ほど5合目で気圧に身体を慣れさせるためにちょっと休憩。あたりは真っ暗だけに、その星空の美しいこと美しいこと。下界では絶対にお目にかかれない夜空。すると、「おおっ!人工衛星だ!」と先ほどのゲートあたりで案内人の人が叫んでいる。その人の指差す方を観ると、ほぼ一等星ぐらいの明るさの星が真下にゆっくりとしたスピードで下降している。恐らくこれはUFOではないし、スピード的に流れ星でもない。こんなに明るいんだ、人工衛星ってとその軌跡を目で追っているとその案内の人が一言「こんな人工衛星を見るのは生まれて初めて・・・」と。うん?あなたはこの場所のエキスパートですよね、永年この富士山に関わってこられて「生まれて初めて!?」。

 そんなそんな、サプライズが次から次へと重なるかなぁ~と。ご来光への期待値とその人工衛星発見のサプライズ。おまけに、今夜はなんとか流星群が一番多い日らしく、その方向を見ていると、確かに一本の流れ星がその人工衛星の光の軌跡を横切る始末。このサプライズ3本は幸運×3以上のテンションで、パートナーとゆっくり!?協議(いくか!?いきますか?程度の会話だけ)ので午前4時にアタック開始でした!こんなにサプライズが続くと今日は樹海に迷い込んでオダブツかもしれないかなと頭の中にもう一個大きな心配(流れ星)が流れていきながら・・・。