ユキブラ・ライブ@RAG

rag_live11082301.jpg
rag_live11082302.jpg
 昨晩は京都のライブハウス「ライブスポットRAG(ラグ)」さんにてYUKI BRASIL PROJECT(ユキ・ブイラジル・プロジェクト)さんのライブにダイブしてきました。なんか本格的なライブはひさびさでしたので、いい感じのライブハウスにいい感じのお客様が集まり、これまたいい感じの店員さんとちょっと怖い感じのレジの店長さん!?そしてそして、これまたいい感じのユキブラさんということでもう条件はベストマッチの空間。ちょっと、長浜で開催される打ち合わせもあり~のでその後のライブへと。もう、空間に入ってきただけで20%ぐらいは満足っていうテイがまず素敵。ぐぐっと気持ちが自然に持ち上がる感覚。これが実は大切な部分なんでしょうね。いきなりゼロラインからスタートさせるのではなく、会場の立地条件(京都三条)とその会場の空間の雰囲気・空気ってのがまずライブのエピローグになる。ここから、少しざわざわ感からの、ドラムさんのカウント・・・みたいな。ユキブラさんの場合は「ジャア~ン!」ではなかったのですが、それでも、気持ちはライブモードになっていく感覚。トルクが上がる上がる。そんな感じがそこかしこに漂っていました。

 勿論、固定のハイビジョンでライブ風景はライブハウス様、ユキブラ様の了承・承諾を得て録画してきましたので、このブログで配信しようと只今準備中です。本格的な~というと非常に陳腐な安易な語彙のチョイスになりますが、こんなライブが気軽に長浜市内で聴けたらいいな~と感じつつ、やっぱ、京都はいいなぁ~とか、こんなライブを自分でも演奏してやれたらどんなに気持ちいいだろうなぁ~とか、いろいろ、いろいろ、考えてしまいました。

 というより、この空間がそういう頭に切り替えてくれた~みたいな事なんだろうと思います。お洒落なお客様とライブを観る、ライブを楽しむという紳士・淑女な空気もたぶん長浜などの地方には欠落してる要素なんだとも思いながら。つまり、にわとりも卵もどちらも先みたいな。

詳しくはこちらです。http://www.ragnet.co.jp/live_spot_top.html