Adobe Edge Previewか・・・。

gamen110907.jpg
 そうかそうか、こういうことか。これがアドビの最新のソリューションなんだ。結局、端末がどう変化・進化しようが、私達はプロフェッショナルなクリエイターを裏切りませんよ・・・ということ。FLASHユーザーもイラレユーザーもちゃんと便利なツールにブラッシュアップしてお待ちしていますよ、ということなんでしょうね。対応が早い早い。たぶんおそらくCS6あたりでここら辺がガッツリ充実させてくる流れなんでしょうね。現在、私はCS4なので、5.5?と思いましたが、やはり、まだ触手を伸ばすのは早い。じっくりこれらの展開と仕組みを理解してからアップグレードを考えたいと思います。

 しかし、最新のソフトウエアが市場のニーズにマッチしていることは間違いなしとして、ほんとに、デザインやWEB開発の現場の皆さまはガッツリこれらに追随しておられるのでしょうか?実際仕事に使う道具だから最新で最速で多機能が合言葉でしょうが、コストや習得する時間も想定しなければ仕事に使える一定標準レベルにならないのが常。便利で多機能は分かったが今使っているプラットフォームじゃ貧弱ですよ・・・ともいう声が必然的に聞こえてくる。となると、やはり、全部が全部数珠つなぎのいもづる式なわけですから、どこかで「ここまで!」とジャッジする必要がある。無尽蔵にソフトの最新版を集めているコレクターな別ですが、道具として最適なラインを見極めるのも本丸。

 で、Adobe Edge Previewか・・・、という感じですね。ゴリゴリjava.s.で創る人にしてみれば、このツールは感覚的で便利となるのか、やはり、ファーストアプローチだから未完成が否めないのか?ちょっと、この動きについては動向をチェックしたいところですね。