よく行ったカフェ。

cafe110910.jpg
 で、ここも、両手にいっぱい画集や書籍を抱えて休憩していた神保町のカフェです。なんともインナーな感じが落ち着いて、書籍を探り、画材を探り、ここで休憩して会社に戻るみたいなパターンでしたね。何が美味しいということではなく、この場所にいる時間の空気感がとても落ち着けた場所です。そういえば、今、長浜にはそういう場所がないなぁー。何もかも遮断して自分だけのシェルターというか工房というか実験室というか隔離病棟というか。そこで何を創りだすというわけでもないような場所が実は何かを創るという行為やモチベーションを培養する。静かな場所で頭の中を整理することと、カンフル剤のように沈滞している気持ちや淀んでいる心を凛とさせてくれる時間が漂う場所ってのはそう共存しない。適当に小奇麗にリフォームしてらしい調度品を適当に並べてもそういう場所には決してなりえない。ある人には有効かもしれないが、相対的には無理。パワスポブームはパワスポブームで勝手に盛り上がればそれで経済的な意味で生産的なことだが、これがこうでこうだからパワースポットだなんて滑稽で陳腐で安易。言わば地球こそが人類の大きなパワースポットでいいじゃん!

 で、私の数少ないパワースポットがこのカフェなのです。