仕事の効率。

 「「仕事の効率が劇的に変わる」デジタルツールの活用術をiPadで読もう!」とかよくよく考えればかなり強引な持って行き方である。しかし、そこはスルーして皆さん「iPadモード」になっていくのですね。確かにあればあったでiPad2はいいと思いますが、どうも手元に置きたいと心底動機の虫が動かない。何故だろう?それ買うなら別に欲しいものがあるから・・・が主な原因なのですが、それでも、「仕事の効率が劇的に変わる」とか言われると何がどう劇的に変わるのか?やはり、iPad2を買って使いこなしてこそ劇的に変わるのかな?などと考えてしまいます。実際、iPad2を買って仕事が劇的に変わった!という人がまわりに一人もいないことが機会を完全に失っているのでしょうし、結局、誰かが使っていることで芽が出て、その方とのコミュニケーションの末、そんなに便利なのかという枝葉が出て、こんなキレイな花が咲くならば、こんなに美味しい実が食べられるなら、ならば、自分もiPad2を買うとなるまでに至っていないのでしょうね。

 で、仕事が劇的に変わるって、劇的に変わる要因があったのか?たったiPad2一台で劇的に変わったあなたの仕事っぷりってどうよ?みたいな。なかったらどうだったのか?と屁理屈しか頭に浮かばないぞ。つまりこういう人間は一生iPad2を買わないエリアに属しているのかもしれない。

 ずっとずっと気になっているが、まだまだ遠いiPad2。

 仕事の効率は確かになんとかして劇的に変えたい。効率も品質ものびしろも戦略もシステムも全てワンランク上を目指したいと常々考えているが、そのひとつの答がどうしてもiPad2だとは考えにくい。でも、何かのきっかけや要因で仕事の内容を向上させていきたいと考えているので、もし、八方ふさがりになり何をどうしてもどうにもならん!という状態になったら、藁の変わりにiPad2みたいなことになるかもしれませんが、アプリの機能で劇的に仕事の効率や品質を上げてもバッテリーが切れたら終わりですし、故障したら直すまで劇的に・・・が停滞するわけで、まだまだ、仕事の本質を依存させるにはiPad2は大人仕様の玩具レベルだと思いますね。どうも、アップルがパワーユーザーを無視し始めてから嫌いな面だけにフォーカスしてしまう。坊主が憎いとiPad2まで憎いみたいな。

comments

なかなかこの種のブログにはコメントしづらいのですが兄ちゃんのブログをずっと読んでると、なんとかジョブズが嫌いなんですね。
嫌いなやつと同じはイヤで、いう事をきくのもイヤですからその人が作ったものを使うのはイヤでしょう。
でも尾崎さんが使っていたり財津さんが「あれはいいよ杉野君」と言われたら?財津さんが開発者なら・・・。
僕はどんな嫌な人間が携わったものでも兄ちゃんがいいと言った時点で余計な枠が外れますね。
兄ちゃんはその道のプロなので、強引なプレゼンや宣伝文句が気に入らないところも多々あるのでしょう。
フワフワした感じで使っていても手に馴染まないでしょうし、このアイテムは仕事のアイテムですので、経営者でありプロの目で見て必要かどうかの判断は僕の想像するものとは違うと思いますが。
もし必要であればしかるべき人からしかるべきプレゼンを受け納得して使うのでしょうね。

  • kuni
  • 2011年09月23日 11:13

末端のただ一人の捻じれた意見かもしれませんが、
明らかにアップルは本質を見失っています。

iPodは楽しく使っていますし、
iPod-touchもいいですが、
Padは???ですね。
でも、ジョブスが退陣してアップルはどうかな?

極東の末端のひとりのユーザーの感想など
どうでもいいことかもしませんが、
世の中、バタフライエフェクトで動いています。
ジョブスが風邪をひかないように・・・。

  • khuz
  • 2011年09月23日 11:27

comment form

(スギノのノギス にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form