似顔絵サービス。

yuu_aoi110923.jpg
 これは私の作品ではありませんが、例えば、これぐらいの似顔絵・肖像画・ポートレートを1枚描いたとして、幾らぐらいだったら「買いたい!」と思うのでしょうか?ちょっとその感覚をちゃんと体系化していきたいと考えております。

 でも、昨今はデジタルツールが進化して水彩画とか鉛筆タッチもソフトウエアでできる時代ではありますが、だからこそ、「鉛筆画」とか「ペン画」とか「水彩画」の価値が改めみたいなことになっているような気がします。いくらデータの複製からの加工とレタッチで仕上げてもこの一枚とは似て異なるモノ。大きくその存在感として一線を画していますね。どれだけいろいろな手法や手段が氾濫しても、この存在感は唯一無二。紙と画材と手のタイミングで生まれる一枚にはそもそもの部分で価値があるのですね。

 これって、ビジネスの世界でもインターネットの世界でもマルチメディアの世界でも同じことが言えるんじゃないかな・・・。