PhotoShopのセミナー。

 「Photoshop関連書籍の著者が一同に集結!Photoshop CS5の役に立つテクニックを解説いたします。生でエキスパートが語るPhotoshop CS5の魅力をぜひライブでご覧ください。」というセミナーのご案内があった。確かに製版とか編集とか電子書籍とかという分野でのセミナーは何回か行ったことがあるが、さて、イラレとP.S.はないな。P.S.はテキスト本やある作家の方の作品集などは持っているが、特にイラレはテキスト本でさえもない。そんなセミナーなど行かずとも、そんなテキスト本などチェックしなくとも使えるよ・・・というわけではない。なんとなくセミナーにも行かず、テキスト本も買わずじまいというのが現実で、イラレのことを隅から隅まで熟視して使いこなしていますということではない。

 逆にたぶん、こんなセミナーに行くと、発見ばかりで、いかに長年自分の限られた使い方の中でしかソフトを使っていなかったということに気づかされるだけだろう。だから、たまにこんなセミナーには顔を出して最近の流行りやベーシックな知識を情報として知っておく必要があるのだろう。でも、実際、学校を出たところのビギナーでもないからそこのバランスが難しい。

 で、結局、イラレとP.S.は向学心は最後の最後になってしまう始末。それよりも、好奇心のある仕組みやソフトやサービスが多すぎて、それにやるべき技術に関する最新の情報をチェック&リサーチするのに時間がいっぱいいっぱいがリアルなところ。この休みにも、いろいろ頼もしそうな買い取り型のプログラムを購入したし、別ルートのテキスト本も数冊買ったし、いつものことで映像用のカメラや周辺機器のプリントアウトしたPDFカタログのチェックだけでも時間が過ぎていく。だから、「イラレとP.S.」がちょっと疎かになってしまいます。突っ込めば素敵な鉱脈があるだろうに・・・。