世の中「自吸時代」へ。

 なにやら、書籍を自分で断裁してスキャナで全ページを読み込んで自分だけの電子書籍を作ることを「自吸(ジスイ)」というらしいぞ。凄い世界です。電子書籍は出版関連のビジネスからパーソナルなレベルに広がったということ。そのニーズに伴いその手のツールが販売されてまた新しいニーズに拡充・展開・連動していくのですね。そうか現代は自吸時代なのか。そこまでしてタブレットに入れておきたい書籍情報って「よほどクラス」なんでしょうね。まだ、電子書籍は販売店のサンプルでしか見たことがなく、実際、自分の持っているタブレットで改めて購入して読みたいということにはならない。

 電子書籍はそもそも書籍を読まない人が増えてきたから、買わせようとして電子書籍としたのか、とても本を読むことが好きな人達が簡単にたくさんの書籍を読みたいというニーズが開発コンセプトのコアなのか?今となってはもうどうでもいいことですが、電子書籍ってまだまだ市民権は得ていないような気がすが、それも、ただの「食わず嫌い」かもしれない。なんでもいいので買って読めば情報の端末して便利かもしれないし、それほど、アレルギーを感じるほどのデバイスでもないと思いますが、書籍は書籍のテイでいつでもどこでも自分の時間の流れでタイミングで読みたいから、本を読むのにスイッチを入れて・・・というのが慣れていないだけ、活用できていないだけなのですが、かなり億劫です。

 仮にタブレットを買ったとして、「自吸」はするかな???