スパイクの魅力、その一。

spike11111202.jpg
 なんと言っても、まさに、テレビCMで言っているとおり!「ちょうどいいホンダ。」なのです。大きな車は嫌いだし、機をてらったタイプも嫌い。まして、あとから改造してどうのこうのなど問題外。とにかく、車は道具。シンプルで機能的で燃費が良くってスタイリッシュでいい。エンジンモノが好きな人は、あれやこれやと改造してご満悦みたいな人っていますが、「はい、そうですか。」みたいな感じ。本来販売している車って、構造もデザインも全てエキスパートが結集して製品化しているのだから、ドシが何を小細工しても、全体のクオリティーが向上する余地は0。悪くしてそれが個性だと思いたいなら、どうぞって感じ。だから、ドノーマールが一番素敵だと思います。っていう意味で、このスパイクはドストライクですね。この広い感じ、たくさんいろいろ積めそうです。

comments

最近の車の居住性、特に後部の荷物を積む部分の工夫には感心します、個人の好みが外観ではなく車内に表れるのが最近の車選びなのかなとも思います。
僕も無駄に大きい車は好きではないですが、広いスペースは何かと便利ですね。

  • kuni
  • 2011年11月13日 19:51

はい、とても便利そうです。
ほとんどそういう視点で選びました。
静かですし、小回りも抜群です。
とても納得しています。

  • khuz
  • 2011年11月14日 09:06

comment form

(スギノのノギス にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form