愛煙家通信というマガジン。

 初めて「愛煙家通信」というマガジンがあることを新聞広告で知った。そ・そ・そんなアプローチが今この時代にありなんだとビックリ。何やら喫煙文化研究所というところの編集らしいぞ。スペシャルインタビュー企画で「人権侵害に等しい愛煙者への過剰な敵視 吸っている人間は犯罪者か 北方謙三(作家)」みたいなテイから、「受動喫煙より野菜不足の方が危険だ。肺癌の主原因はタバコにありに、科学的根拠はない!」という科学ジャーナリストの企画。そして、「美しい分煙社会の作り方」や、世の中の知識人・博学人を集めての喫煙談義。さらに、「煙草は私の6本目の指」などなど。確かに喫煙者は肩身の狭い重いを強いられている。

 でも、そんなに悪いことをしているわけではないので、こんな風に一生懸命にならなくてもいいのではないだろうか。喫煙者VS喫煙反対派っていう抗争をどうしてもどうしてもやりたいならすればいいが、別に反対派の意見もごもっともだし、自分自身は喫煙者だが、風邪をひいて喉が痛い時などは、近くでタバコを吸われるとイライラする。しかし、風邪が治って吸うタバコはまた各段に上手い。つまり、このような人間を無責任だと言いたいのなら、言えばいいが、その言葉は球種を変えて返球しますよ・・・というテイだろう。投げたら投げ返すのが人間社会の常だから・・・。