スティーブ・ジョブズとアップルのDNA

 『スティーブ・ジョブズとアップルのDNA』~Think different.なぜ彼らは成功したのか?~という書籍が出たらしい。「テクノロジーライターであり、私設アップルエバンジェリストでもある大谷和利氏による著書です。スティーブ・ジョブズの突然の訃報から3カ月が経とうとしていますが、未だに世界に影響を与えた革新者への追悼&賞賛は止みません。常識に"No"と言い続けた不世出の天才ジョブズと、時価総額"No.1"にまで登りつめたアップル。なぜ彼らは成功したのでしょうか? 本書はその核心(DNA)を、日本でもっともアップルを知り尽くす大谷氏が40の視点から解き明かします。副題の「Think different.」とは、アップルに復帰したジョブズがアップルの基本的価値」と信念を示すために制作した1997年のアップルのコーポレート・スローガンのことです。常識にとらわれず、何かを成し遂げた世界の偉人たちが広告に使われ、今となってはジョブズもその一人として讃えられています。ジョブズやアップルはまさに「Think different.」を地でいくものでしたが、私たちが彼らから学ぶことができるのは「Think different.=人と違う考え方をする」ということではなく、「考えて、考え抜いたとき、世界(常識)が違って見えてくる」ということです。本書を読み、ジョブズの言葉やアップルのビジネス基準を紐解き、私たちの人生や仕事の本質をつかみとってほしいと思います。」という紹介文のメルマガが到着した。

 確かに「Think different.」は鮮明過ぎる。違う世界が見えるという感覚を否定でも肯定でもなくサラリと実現しているDNAについては本能の部分と体系化された理論の側面があるだろうが、でも、ジョブスはそのシンボルとして長く伝承されていくでしょう。しかし、「人生や仕事の本質」という部分で言うならば、世の中の構造は想定外の連続であり多様な層にさらに多次元のベクトルが実際にガチで存在しているはず。一枚一枚スキャンするには人生は短いし、組織化させるにも時間とコストで非効率のドアを叩くところからが本丸なところでしょう。ひとつひとつを紡ぐにしてもやはり時間は短い。ビジョンだけを立ち上げ高みを投げかけ他界したジョブスが逆に最適なタイミングだったようにさえ思う。虫瞰的に捉えれば手繰寄せるロープからの吟味がリアルなところ。高く舞い上がろうにも意外なところに付着しているウエイトに気が付かず時間を浪費しているヒーローも多いはず。

 アップルのDNAとは?ジョブスの遺産とは?次世代への進化のチケットは?分子活動は今後も加速に加速しながら突き進むだろう。振り落とされぬように・・・ではなく、円盤の一番安定している部分を見つけることがそれに一番近道なのかもしれない。概念で終わることなく、リアルにリアルに叩かれながらパンチを貰いながら前に出ていく気持ちを失わず、みたいなことなのかもしれない。しかし、年齢を重ねるごとにけっこう細かいボディーブローを頂いているし、血も結構流しているはず。最後のラウンドまでリングに立っていたいが、頭と身体と心の老化は止められない。だから、DNAを語りたくなのかもしれない。

 アップルか・・・、1周回って、久々にMACを買ってみようかな・・・。