JAZZの本体。

jazz_gazo001.jpg
 軽率にもJAZZで何かを包括しようとはしていないだろうか?便利な語感を利用して「JAZZって言っておけば、カッコいいじゃん!」とか「JAZZが好きって言っておけばとりあえず本物感が漂うから・・・」とか。そう考える人は多いはず。では、「私のJAZZ好きなその程度ではないです。自分でもプレイするし、海外のアーティストともセッションをしたJAZZプレイヤーの仲間が一杯いるんですよ。」っていう人はホントにJAZZを語る価値のある本物の人?いやいやモノゴトはそんなに単純ではないだろう。仮に仮に、ヨウスケヤマシタならなんと言うだろう。どう言葉にするだろう。絶対に言わないだろうなそんなこと。ナベサダさんが「僕がJAZZだから僕の言葉が僕のプレイがJAZZそのものなんだ!」などとは絶対に口にしないだろう。そこまでのトップレベルの人になればなるほど恐らくJAZZに対してとても謙虚であるはず。突き詰めた人、追求し続けている人は絶対に鼓舞はしないし、言葉も少ないはず。それは、何もJAZZに関連する分野のお話ではない。あらゆる分野のプロは多かれ少なかれ言葉は少ない。言葉にしなくとも行動やプレイや作品でそれを示すからである。ならば、「JAZZ」を語るということはどういうことか?分野は異なるが、「街づくり」という言葉があるが、これも同位だろうし、「ビジネス」についても同じだろう。

 何事も「語り過ぎはボロが露呈する」ように思える。ならば、何をどうすればJAZZっぽくなるのか?それは空気というか偏在する価値観のようなモノだから、CDを何枚持っているとか、有名なステージで誰とプレイしたかなんてあまり関係ないことで、まして、自分にとってJAZZがどうなんだとたどたどしい言葉を並べられてもピンともスンとも来ない来ない。だから、音楽は楽しく怖い。聴けば分かるからである。

 同様に「絵」も同じである。よく、若い方の作品を評価しなければいけないような場面に出くわすのですが、私が他人の絵など評価できるわけはなく、感想や印象なら言葉にできるが、評価など自分でするべきこと。それを「私の絵を見てください!」ってキラキラされても・・・。そもそもそういう人は「絵」のことをしっかりと理解していない人。「絵」は宝石ではないし、勲章でもないし、印籠でもない。「絵」は「絵」なんですから、もっと、自分の絵を大切にとしか正確には言えないが正解。

 同様に「JAZZ」もそうなんだろう。ただ、いろいろな人がいていろいろな価値観があるから、蘊蓄が必要になるのだろう。私は間違いなく「JAZZ」のことは分からない。分かろうとするものではないことぐらいは分かっているので、感じようとフォーカスするが、おそらくこのベクトルの瞬間、JAZZの本質は絶対に感じることができないだろう。瞬殺でJAZZの本質が逃げていく瞬間だろう。に対して、いつまでも、自分のJAZZ好きを語る人がいる。ちょっと疲れる。音楽は楽しいはずなのに・・・。適度に無知が一番心地いいような気がするのですが、うーん、JAZZはやっぱちょっとメンドクサイ。しかし、実はここが楽しいのだろうと思えてきた。ここに本丸があるのかもしれないのかなと・・・。

comments

なにかとカテゴリーでくくってしまうと窮屈な感じになりますね、別に正解などあるはずもなく、緩い感じでカテゴリーの枠を感じながら、こんな感じかなと探り探りで純粋に楽しんでる時間が素敵なのではないでしょうか?
それがそのカテゴリーにハマってるのかどうかは自分が決めることでも他人が決めることでもない、自分の感覚も含めた人間の感覚がそう感じたらそれでいいのしょうね。
そう簡単には分からない、分かりずらいものが面白いのかなっと・・・?

  • kuni
  • 2011年12月14日 22:01

そうですね分かりずらいモノって
どこか魅力を感じますし、
デジタルとアナログを比較しても、
デジタルって「分かりずらい」をあえて
演出している部分があります。
デジタルだってことでもう答は出ていると
人は感じながらも、ツールありきで没頭するふりを
楽しんでいる・・・みたいな。
でも、心は知っています。そんなのつまらねぇって。

だから、アナログの「分からない」に心を
奪われるんですね。
ネットに情報として掲示された段階で
その情報の生命力はなくなるような気さえしますね。
鼓動のある五感に響く脳幹にダイブするような
コンテンツをクリエティブに取り組まねばと思いますね。

つくづく、そんな時代だと思います。

  • khuz
  • 2011年12月17日 11:01

comment form

(スギノのノギス にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form