芯を喰うという感覚。

 いろいろなボールが投げられる。中学生の頃ならば、軟球だったからどんなバットでもボールははじかれる。高校生の頃ならば、硬式球でも金属バットならマシンが広いからそこそこ打ち返せる。しかし、本当に硬式球を遠くに飛ばすなら木製バット。プロはそのあたりの芯を捉えるために最高のセンスと技術と鍛錬された目を持っている。ホームラーンってああだのこうだの考えていたら絶対に打てないし。芯を喰っていてもボールは失速する。何も考えずにナチュラルに反応し振り切った時だけいい感触を残してボールはスタンドに飛び込む。さてさて、いろいろなボールを投げられるが自分自身はどのレベル?硬式球をスタンドまで運びたいのなら木製バットでしっかりスイングしろってこと。芯をはずせば手がしびれる。下手をすると指を折る。それを繰り返していると正しい反応ができなくなる。だから、選ばれた人達はどんなボールでも芯を喰う。努力や鍛錬や積み重ねではこのレベルには行けないと知った高校時代。野球のボールは難しかったが、アートやデザインならなんとか金属バットで打ち返してきた。が、たまにはホームランを欲しくなる。さて、木製バットに持ち替えて、足場を固めて、投手に対峙することについては大丈夫か?迷いがあればバットは出ない。無理苦理バットを振ってもホームランにはならない。芯を喰う感覚っていいんですよね・・・。