グーグルのミラクル。

google_noyce11-hp.jpg
 常に平均していい感じのグーグル。力んでいないし、追求していませんってわけでもない。アナログに特化せずにデジタルに固執せず、どこまでもグーグルらしさを追求しているように感じられる。実際はいろいろなところと比較するとニュアンス的に違うとろろはあるだろうが、それでも、「いい感じ」という印象がある。これってやはり、凄いこと。逆にそれの方が凄くて、言っていることとやっていることがねらっていることと逸れているのに「私達はこの業界のオピニオンリーダーです!」ってのはちょっとメンドクサイ。いくらカリスマなトップが牽引していたとしても・・・である。企業とは人だけど、「企業は人です!」って熱意は逆にメンドクサイ。人が集まって企業なのは誰でも分かってるって、だから、そこからが大切なんですね。で、力んでいないのに「らしい」ってなかなかミラクル。