EDIUS NEO3というエンジン。

edius_neo3.jpg
 まずは、使ってみましょう何事も。そこからスタート。また、A.E.やPRにはない機能的なのびしろもあるだろうし、専用ノンリニア編集エンジンってことですから、専用のプラグインやモジュールとの連携も深いはず。これをゴリゴリ使えるようになったらまた上位にアップグレードすればいいってこと。まずはこれで試作(パイロット版)創りを展開していこうと思っております。

 広告の分野でもデザインの分野でもWEBの分野でも差別化したり印象深いコンテンツを構想する時、そこに必ず「映像表現」が鎮座している。まぁ、ビジネスモデル自体が微弱な場合は何をどうしても展開力は見込めないが、ガチのコンテンツや既存のメディアとの連携や独自メディアの展開をコンテンツ化する時に必ず「映像表現」は必須アイテム。すでにある環境とソフトでソコソコはできるものの、やはり、その分野で確立している進化してきたツールってのは奥が深いのが常。これでゴソゴソやってみようと思っております。テーマ(題目)が何であれ「物語」を構想するのはかなり楽しい。これもデザイン思考の発展形なのでしょうね、この時代。