DefTech「UP」について。

cd120212.jpg
 DefTechはレンタルコーナーにCDがないことにある時気がついた。レンタルしていないアーティストもあるのだと。SELLがあればイコールレンタルありだと思っていたのが違うらしい。いろいろな流れがあるのだろうし、いろいろなアーティストの考え方やプロダクションの方針・戦略があるのだろう。音楽ダウンロード時代にCDを買う人は言わばコレクション思考だと何かの本で読んだが、まぁ、そのテイもあるが、聞きたいならCDというカタチで手元に置いておきたい、所有したいというのがファンの心理。確かにデバイスさえあればD.L.で音楽は聞けるが、聞くだけが音楽ではない部分もあるからファンだとも言えなくない。いやいやそれはファンではなくてただのコレクターだと言いたいのなら、その人はただのコレクターなんだろう。コレクターであることとファンであることの違いという部分など別段つきつめる必要もないし、音楽とは?みたいなことを何か便宜上のモノサシで推量しても何も始まらない。音楽は音楽。欲しいから手元に置きたい。買うのか借りるのかD.L.なのかは個性的で感覚的でいいだろう・・・。