クリエイティブ・クラスの世紀とは?

books12021201.jpg
 その表紙にある「産業革命に匹敵する大変化」に引き込まれた感じ。目次から気になるコンテンツからあとがきからじっくりチラミ!?して購入した一冊。ちょっと前の書籍ですが、なかなか、時代の切り方が巧みですね。まぁ、このテイの書籍ででっかくなった頭でそれが知識になっているのか知恵になっているのか?はたまた形式知になっているのか暗黙知になているのか?は実感はないが、実感のない無意識の領域でもし何かのタイミングでこの書籍の中に存在するフィルターや価値観が化学変化を起こして新鮮な何かが生まれればそれでいいかなというアプローチです。

 で、たかがクリエイティビティ、されどクリエイティビティ、しかも・・・、だからクリエイティビティなんでしょうね。でもねとかそれでもとか考えずにあくまでも「だから」。