海外就職のススメ。

 「海外留学経験なし、海外にコネなし、海外駐在経験ももちろんなし。普通のサラリーマンが、普通にアジアの就職エージェントに登録して、普通に就職活動をしてみました。そのノウハウと、体験談を一挙公開!実際に香港、深セン、シンガポールへ行き、現地のエージェントに登録し、現地企業と面接をしてきた体験を元に、今アジアで就職することの意義、アジア就職のためのto doリストから、どの辺のホテルに泊まればいいかまで、徹底紹介!本気で海外就職を考えている人から、日本で働くことにちょこっと不安を持っている人まで、日本以外の場所で働くという選択肢を検討するのに最適です!」という書籍の案内がアマゾンから到着した。以前に購入したパターンからチョイスしたのだろう。なかなかやりよる。確かに欲しい一冊である。

 というテイで細かいリサーチをしてこそが購買をニーズを見つける最短の手法だと言うことだろう。海外で仕事をするという意識は30歳の頃からあったので、具体的にとなるとなんにもリサーチしていないが、最低日本で仕事がないから海外に出よう的なテンションでもないので、ルールさえ守れば仕事はどこでも同じだろうぐらいにしか考えていない。文化や慣習やビジネススタイルが異なるということは想定以上に存在するだろうが、結局、人と人だからぐらいの楽観視。それで当然、ぶちあたる想定以上の壁はあるだろうが、それはその時考えればいいこと。今、思い悩むことではない。

 で、その先は野となれ山となれぐらいでいいかなと。立っている場所が変われば風景も変わるだろうし、気持ちも変わるだろう。その場所で自分自身が何を考えどう行動するかが実は一番ワクワクする。