雨対策。

nihontenugui120325.jpg
 富士山に初めて登った時、いろいろな面でアドバイスを頂けた書籍の著者のイチオシアイテムが「日本手ぬぐい」。バンダナだとサイズ的に正方形だったり、タオルだとちょっと生地が厚くなったりするために、マスクにしたり、首に巻いたり、頭に巻いたり、勿論、水をふき取ったりという多用なアイテムで「日本手ぬぐい」を入手した。これはその時から常にザックの中に入っている手ぬぐい。ちょっと寒い時や夏の日差しが強い時も、首に巻いたりすると日焼けを防ぐことができるし、生地が薄いので通気性も高く、濡れてもすぐに乾くのです。確かに!この日本手ぬぐいはなかなかのストライクなのです。

 そんな富士山登山で知った日本手ぬぐいのメリットから、いろいろなところに出向くたびに、いろいろな日本手ぬぐいを買うようになった。純和風の絵柄からちょっと可愛いイラストやデザインの手ぬぐいがあるのです。どれも使えば使うほど味がでるし、身体に馴染む感じが、ハンカチとかタオルとかバンダナとかとは違ってマッチする。やはり、日本人の知恵は素晴らしい。

 で、雨が降ってきた、風が強い、防水滴仕様のカメラであるが、あまりボトボトにはしたくないってことで、日本手ぬぐいによる雨対策がこれ。ちょっと車の中で広げておえば10分ほどで乾くのでとても便利なのです。日本手ぬぐい恐るべし!!!

comments

山に行くと山荘でオリジナルの手ぬぐいが売ってますよね、なるほど色々な使い方ありますね。
外に(上海)目を向けると言う時には内なる日本の文化をリスペクトする必要がありですね。
ここで生まれ育ったのだから・・・。
目線が変わると感覚が変わりますね。

  • kuni
  • 2012年03月26日 20:34

そうなんです。
意外と手ぬぐいはいいんです。
また、次、上海に行く時に、
お土産で持っていこうと思っています。

comment form

(スギノのノギス にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form