13人の匠。

 「伝統工芸職人たちが抱える"ものづくり"への想い。ときに「こだわり」と表現される、その熱い気持ちは、時代や分野を問わず共通するものです。本企画では、そうした「こだわり」という視点から、日本の伝統文化を受け継ぐ13人の匠と、デルの「こだわり」が詰まったXPSTM 13 UltrabookTMをご紹介していきます。」という企画がある。なかなかストライクな粋なプロジェクトである。正にこれこそがこれからの手法になるのだろう。逆にこのアプローチ・方法論を抜きにして今後、何かが創造されていくということにはならなないだろう。ネットやデジタル機器はあくまでもツール。そのことを理解して感覚として捉えておかないと、システムが独り歩きしてものびしろはない。つまり、訴求も波及も認知も停滞するということなのだろう。

 つまり、創り手の責任というかポテンシャルが全てを左右する時代。それは、日本国内だけに捉われていることではそのパワーが濁り淀む。あくまでも、何かを構築する場合に、他言語の文化や歴史や慣習に精通しつつ、根幹の創り手としての中核競争能力を鍛えましょうというお話。もう、システムや手法だけの大量生産・大量消費型のビジネスモデルは成立しないのだろう。天下のデルでさえ・・・なのだから。