木のテーブル。

wood_table120403.jpg
 この質感、このフォルム、この存在感。う~ん、最高です。これぞ木の魅力のカタマリ。なんともなんとも、オキニイリのアイテムとなりました。これをどこで入手したのか?については、また、いずれ。そして、このオリジなテーブルの価格はいくらか?についても、また、いずれ・・・。たぶん、国内外、どんな検索キーワードでもこの商品はヒットしないでしょうね。っていうほどいい感じのテーブルなのです。ネット時代、検索したらどんな商品でもヒットするなんて幻想幻想。そんなにネットは完璧でもなければ、魅力が情報が飽和しているわけでもないっつうことですね。

 いいですよこの存在感。たまらんです。