動けば答は出るんだ。

 比較的なんでも貪欲に挑戦するようにしている。「ああ、これは自分の度量ではちょっと無理かな・・・」と感じた瞬間、別の自分が「これは挑戦するべきだ。」と必ずささやく。このなんの根拠も一見なさげなパターンを繰り返していると、このパータンで生きていると、まぁ、見事に次から次から難攻不落の壁の連続。この程度の壁なら越えられるというある程度の自負があったとしても、さらに、その上に壁ができる。これが連続するとなかなかキツイ。しかし、その壁の前に立っているだけでは絶対にその壁は越えられない。とにかくかじりつく。その壁をただ見上げてああだのこうだの頭の中でシュミレーションしても出てくる答はネガティブなことばかり。そんなことで時間を浪費するぐらいなら、まず、壁に手をかけろ!という話。一手、手を伸ばせば壁のディテールが分かる。自重を支える感触も得られるし、どう壁を攻略すればいいかについて、壁を見ているだけでは見えなかった壁の特徴や攻略方法が得られるもの。つまり、突っ立っているだけでは何も始まらないということ。動けば視点が変わり心が動き、自然と対戦モードになれるのが人間。まず動け!が肝心なのは誰でも知っているが、リスクも恐怖もあるから手が出ない。だから、手を出すんだ・・・みたいな。

 壁を攻略すれば次の世界が見えてくる。壁を越えなければ次の世界は絶対に見えてこない。自分の目でその世界を見ることでしか、次のモチベーションは生まれないないんだ。それがガチのスキルになる。そんなことを考える今日この頃です。壁を乗り越えたのか乗り越えていないのかはまた別のお話。