子どもの頃の一心不乱な・・・。

 「子どもの頃、一心不乱になったあの気持ちを想い出しましょう!」というキャッチコピーでペンタブの販売促進メルマガが到着した。このライターは本当に子どもの頃、一心不乱に絵を描いた経験があるのだろうか?時代が変わったので、子どもたちに紙ではなく、タブレットに向かえと言っているのか?なんでタブレットを売るためのキャッチコピーに子どもの頃の大切な想い出を活用・乱用しなければならないのか。その頃の一心不乱の度合いを自分自身の尺度で決めているのはこれ侵害極まりない。あの頃、白い紙(専用のスケッチブックやクロッキー帳などはなかったのでもっぱらオリコミチラシの裏だったが)に向かう時の気持ちって、大人では絶対に理解できなデリケートでフェイバリットな部分である。一心不乱に描いていた・・・だろうぐらいのニュアンスでこのコピーライトを書いていたとしたら、君にこの言葉は重過ぎる。

 例えば、君が何かこれまでに「一心不乱」に何かをしていたというテンションは何だろう?仮に、同じ絵を描くこと(落書きでもいいが)だったとしても、どれぐらい一心不乱に描いていたのか?子どもの頃と学生から大人になって絵を描くということはちょっと背景やニュアンスが異なるので、一心不乱というのは、時間もコストもクライアントの注文などそれらの条件を抜きにして、一心不乱に自分の描きたいモノを描くということである。その密度や時間でその度合いは決して計測することはできないが、もし、「仮面ライダー」に登場する全ての怪人をあなたが描いていないとしたら、「アストロ球団」や「野球狂の詩」や「ドカベン」などの名シーンを一日中描いたりしていないとしたら、「釣キチ三平」や「アキラ」の1ページまるまる模写したりしたことがないとしたら、あまり、「一心不乱」という言葉を使わないでほしいものである。

 まして、タブレットを売るために「子どものころのあの一心不乱な気持ちを・・・」って、安易にイージーに軽率に使わないほうがいい。そんなタブレットでウルトラマンの怪獣のあの迫力なんて描けないと思いますね。だって、道理は簡単。あの頃、チラシや何か印刷物の裏だから一心不乱になれたのです。子どもに真っ白な画用紙が綴られてるまっさらなスケッチブックなどがあった日には、テンション上がり過ぎて、何も描けない描かない。逆に緊張がマックスになり、ガチガチの絵になっていたはず。間違いなく自分ならそうなっている。それが、タブレットって!?他人はどうだか知らないが、私の場合、絵を描くのに、スイッチを入れました。絵を描くペンを持ちました。で、一心不乱に描きましたなどそんなテイは絶対にあり得ない。

 こんなデジタルツールで「上手い絵」は仕事として描くことができるだろうが、自分自身が一心不乱になれるような「自分の絵」は絶対に描けない。だって、何より、本人(心)が集中できませんからね。って、一心不乱って「仕事用の集中」とはニュアンスが違う。45歳を超えて、その言葉の意味がようやく理解できてきた。仕事と自分自身のための「一心不乱」は違うのだと。

 だから、この程度のメルマガの安易なライティングを掘ってみたくなったのだろう。いやいや、ライターの方、失礼いたしました。頑張って、真価を極めた自分自身のリアルなディテールをフィードバックさせたライティングを目指してくださいませ。

comments

子供の頃の一心不乱? 子供の集中力は時に強力、時に散発。
今はゲームに夢中になっている時ぐらいでしょうかね。
兄ちゃんの子供の頃の絵に対する取り組みを作品も含めて知っているのはたぶん僕だけでしょう。
あれが一心不乱なら僕は一心不乱は経験してない、それぞれの環境やツールやジャンルは違えど人それぞれのモノサシがあるのだと思いますが、環境を手に入れる時から始まっているような気がしますね。
全て揃えられてハイ!一心不乱にはおかしいですね。
言葉は難しい? でもそれが仕事なら適切にということでしょうか?

  • kuni
  • 2012年05月02日 16:11

同じ言語中枢を使っていても、右脳と左脳では
根本的に完成物・成果物のタイプが対極にあると思います。
たまに仕事で企画書ばかり書いていると
無償に小説を書きたくなるし、創造的な文脈を考えて
息詰まると、企画書がスラスラ整理できる・・・みたいな。
結局、人間はバランスなのだと思います。
右と左、前と後ろ、表と裏、上と下、中と外。
どちがらどう飛び出てもそこに疲労が溜まるはず。
それを上手く反対に持って行くルーティンを会得してください。
恐らく、過去と未来に対する思考的なバランスも
偏っているはずです。
身体の右側の疲労は左脳からの信号ですね。
人は本来全員左利きなの生物。
しかし、文化や慣習や教育は右利き優先。
このジレンマが根本的に人間の思考に疲労を
もたらしているという仮説もあるぐらいです。

  • khuz
  • 2012年05月02日 22:11

comment form

(スギノのノギス にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form